家の環境は健康に影響。

一日の半分を過ごす家。この家の環境が健康に影響するのかは良く聞く話し。壁紙を貼る糊等の素材からIHクッキングヒータの電磁波等、色々な部分が健康に影響するって言われてますよね。
家はオール電化なので『電磁波の影響有るんだろうか?』ってたまに考えたりもします。流石に購入時は子供が小さかったので影響を受けやすいって話しも聴いたりして不安で悩んだりもしました。

今となっては電気のみの生活が当たり前になり不安も余り感じなくなってきました。まあ、悩み過ぎるのが健康に悪いように思うので深く考えない様にしています。
こんな感じで健康に影響する家ですが、最近初めて知った事が。

家がコンクリートか木造かで寿命が変わるって話し。聞いてた時は『まさか~(^Д^)そんなん変わらんでしょ。』って思ってたんだけど、ラットの巣箱での実験の結果を聞いたら驚きだったんです。コンクリート・金属・木のそれぞれの素材で出来た巣箱で生存率の実験したらコンクリートが7%未満・金属が41%・木が85%だったんですよね。これはかなり衝撃的、こんだけ差がでるなんて。
家の立て方自体が健康に関わるんですね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.